What I see

Cherokee valley right next to Ringglod in Georgia.

Me, Ryan and Bryan went to the place called Cherokee valley today. We’ve heard that Cherokee valley was badly hit by the tornadoes. A police officer at the check point told us that we need to get a some kind of proper paper to cover, so we just returned to sheriff’s office to get it. But surprisingly, the person we talked there said that she hadn’t heard of it. We didn’t understand why that sheriff told a lie…anyways, we managed to find another road to Cherokee valley and kept driving. When we found the valley in front of our sights, we just lost the words because what we saw was really really unbelievable. There were countless debris, ripped trees and cars, large and small pieces of shattered house. I can’t say enough with my shitty English. That was just devastating. We talked to a guy and according to him, there are eight people killed by the tornado here. I wonder how I can explain this situation. This might be a cheesy example but it was like as if this place was messed up by Godzilla or something.  As we started photographing it started rain severely, so we had to protect our equipments. Because of that I couldn’t take any good pictures today but this weather looked like expressing the mood of this place. We found a funeral going on at the church near the ground zero on the way to back to Ringgold. We could see some caskets surrounded  by lots of vivid umbrellas. And we realized that this is why the sheriff didn’t wanna let us go at the check point. Because it was really sad scene and moment to look at, we thought we shouldn’t have been here and didn’t stop the car…We thought we were not able to get off the car and approach them to photograph this really sad moment as a human. I don’t know if that was a right decision as a photographer, but I didn’t wanna make them feel bad.

I’m writing this now at our hotel. I’ve been here only two days and will go back to Boston tomorrow, but I feel like I’ve experienced so much thing here in Ringglod and Cherokee valley. When I arrived here, I thought how much people are being depressed by this massive event. But people in this small town are being calm and strong, even generous. Some people I met yesterday were just keep laughing, saying “It’s going to be OK. We just rebuild again.”  I was so amazed and saw hope here. Lots of media tell only the story in Tasucaloosa because they got hit badly and there’re so many victims, but there’re victims other than there. And they are not being covered, so you might think they’re OK if you only watch TV news. This is why we came this small town. There are stories everywhere unless there are people. It doesn’t matter how many victims there. This is not about the number of victims. As every single victims, this is equally tragedy. I want you to imagine your parents, brothers and sisters, best friend or person you love. What if they’re gone all of sudden?? I would feel as if this was the end of the world and couldn’t think anything other than that. Being killed single person is an extremely sad and shocking event. And that kind of thing just happened to so many people. There are things that you can’t imagine from only the number from the report of news.  I really want to come back here to see how people in Ringgold and Cherokee valley stand up again. I think keeping covering stories is the job  of Journalists, not like as just daily assignment.

今日はライアンとブライアンと一緒にCherokee Valleyという場所に向かった。昨日、そこが一番ひどく竜巻にやられた所だと聞いていたのだ。検問で保安官に、「ここから先に入るには許可証が必要だ。オフィスに行ってそれを貰ってこないとダメだ!」と言われたので来た道を引き返し、許可証とやらを貰いにいった。ところが保安官事務所に着いて窓口の女性保安官に聞くと「そんな物は聞いた事がない。電話で確認するから待ってくれ」と言われる。すぐに戻ってきた彼女は、やはり問い合わせても報道用のそんな許可証は無いと言う。2人はなんであの保安官はこんな嘘をついたのかとお怒り気味だったが、しょうがない。戻ってもそこは通れないだろうと言う事で、google mapを使って他のルートは無いかと探し、cherokee vallyに続く別の道を発見し、無事に車を進める事が出来た。現場について、山の谷間の開けた場所に着くと3人とも言葉を失った。何しろあまりにも目の前の状況が酷かったのだ。木は引き裂かれ、あちこちに何かの残骸が転がり、家はバラバラ、裏返しにヒックリ返っている車もある。まるでゴジラにメチャクチャにされたか、空爆でも受けた後の様だった。被害にあった住民の一人に話を聞くと、この小さな狭い谷で8人が亡くなったそうだ。写真を撮り始めるとすぐに酷い勢いで雨が降り始めたので、カメラを壊さないように守らなければいけなかった。まだ全然撮っていないのに。。。しかし高い機材をダメにするわけにもいかない。仕方なく車に戻り外を眺めていると、まるでこの雨はこの小さな谷で起った悲劇を表しているようだった。Ringgoldの町に戻る途中、谷のすぐ近くの教会で、亡くなった方々の葬儀が行われているのを見つけた。いくつかの棺が色とりどりの傘に囲まれているのが見える。それを見た瞬間、僕達はこれが保安官が、検問を越えてこの場所に僕たちを入れたがらなかった理由なのだと直感した。このどしゃ降りの中、車の中からでもわかる程あまりに悲しく、見るに耐えない光景だったので車を止めずにその場を後にするしかなかった。この状況で車を降りて近づき、悲しみに暮れる人々の姿を映す事は、人としてとても出来ないと思った。Photo journalistとして正しい判断だったかはわからない。車を降りて写真を撮るべきだ、と言う人もいるだろうと思う。けど、単純に彼らを僕らの姿を見る事で余計に悪い気持ちにさせたくなかった。葬儀の様子をアカの他人にいきなり撮られて、良い気分になる人間などいやしない。

このブログを今ホテルに戻ってきて書いている。ここには来てから二日しか経っていないが明日にはボストンに戻らなければいけない。しかし、この二日で多くの物を見て体験したような気がする。この町に着いたときは、どれだけ人々は悲しみ意気消沈しているのだろうと思っていた。しかし、この町の人たちはこんな状況の中でも落ち着いていて、優しかった。昨日会った何人かの人たちなどはただ笑って「大丈夫、ただまたやり直せば良いだけさ」と言うだけだった。その姿にとても驚かされたし、その姿に希望を見た。多くのメディアは被害が一番大きかったアラバマのTasucaloosaという町に集中してそこからの報道を続けているが、被害を受けたのはそこだけではない。ただ被害者数がそこまで大きくないという理由でカバーされないだけで、人々がいる所にはどこでもストーリーがある。しかし、ただテレビを見ているだけでは、あたかもTasucaloosaだけが酷い被害にあって他の町は大丈夫なようにすら思えてしまう。これが僕たちがこの小さな町にきた理由だ。どれだけの被害者がいるのか、が問題なのではない。こういう大きな災害の時は死傷者、行方不明者の数がセンセーショナルに大きく取り上げられる。あたかも何かの数を競っているかのように。でもこれはそんな数字で表されるべき出来事じゃない。日本で起った地震の時にビートたけしが言っていたが、数字にばかりフォーカスしてしまうと、大事な物が見えなくなってしまう。何万人が亡くなった一つの大きな事件、ではないのだ。人一人が「死ぬ」と言う事はとてもショッキングで悲しい出来事なのだ。自分の親や兄弟、恋人や親友が死んだらどうだろう?何よりも悲しく、まるで世界の終わりかの様に目の前が真っ暗になり何も考えられなくなるはずだ。自分なら心が張り裂けそうになる。そんな出来事が無数の人達に一瞬の間に起ったのだ。ニュースの数字だけの報道だけでは想像できない事がある。また数ヶ月後かにでもこの町に戻ってきたい。そして、人々と町が復興する様子を見て写真に撮りたい。新聞の一面に載って次の日には消えて忘れ去られてしまうような、デイリーな写真としてではなく、人々を追って、絵本か何かのようにストーリーをキチンと伝える事がジャーナリストの仕事だと思う。

This slideshow requires JavaScript.

Go to USK’s website

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s